道具の紹介

HOME > 道具の紹介

たらい舟製作に必要となる基本的な道具類

  • ヒラガンナ(平鉋)

    ヒラガンナ(平鉋)

    木部やクレの外側を削るときに使う。

  • ソリガンナ(反鉋)

    ソリガンナ(反鉋)

    クレの内側(ウラがはまる部分)に浅い凹を削る時や面取りに使う。

  • ウチマルガンナ(内丸鉋)

    ウチマルガンナ(内丸鉋)

    クレの内側を削るときに使う。

  • ソトマルガンナ(外丸鉋)

    ソトマルガンナ(外丸鉋)

    クレの外側を削るときに使う。

  • ケビキ(罫引)

    ケビキ(罫引)

    接合面などに印を付けるときに使う。

  • ヒキマワシノコギリ(引き回し鋸)

    ヒキマワシノコギリ
    (引き回し鋸)

    ウラを円形に切断するときに使う。

  • ノコギリ(鋸)

    ノコギリ(鋸)

    木材や竹を切断するときに使う。

  • ヨツワク(四ッ枠)

    ヨツワク(四ッ枠)

    真竹を4つに割るときに使う。

  • クミボウ(組み棒)

    クミボウ(組み棒)

    組みタガを編んでいくときに使う。

  • リョウバナタ(両刃鉈)

    リョウバナタ(両刃鉈)

    竹ヒゴをつくるときに使う。

  • スミサシ(墨差し)

    スミサシ(墨差し)

    線を書くときに使う。

  • スミツボ(墨壺)

    スミツボ(墨壺)

    印を付けるときに使う。

  • ナタ(鉈)

    ナタ(鉈)

    竹の芽や枝を取るときに使う。

  • セリボウ(競り棒)

    セリボウ(競り棒)

    タガを入れていくときに使う。

  • カナヅチ(金槌)

    カナヅチ(金槌)

    カンナの刃を調整するときなどに使う。

  • サイヅチ(才槌)

    サイヅチ(才槌)

    ソコを繋ぐ時やタガを締めるときに使う。

  • シメギ(締め木)

    シメギ(締め木)

    タガをサイヅチで叩き締めるときに使う。

  • セン(銑)

    セン(銑)

    竹ヒゴの肉や面を取る時に使う。

  • タケ(竹)

    タケ(竹)

    竹ヒゴを作るときにセンに添わせて使う。

  • カタ(型)

    カタ(型)

    ノイクギ穴の位置を決める時に使う。

  • カタ(型)

    カタ(型)

    クレの側面を調整するときに使う。

  • リョウツバノミ(両鍔鑿)

    リョウツバノミ(両鍔鑿)

    ノイクギの穴を空けるときに使う。

  • カッター(小刀)

    カッター(小刀)

    ノイクギをつくるときに使う。

  • メジャー(巻き尺)

    メジャー(巻き尺)

    長さを計測するときに使う。

  • サシガネ(差し金)

    サシガネ(差し金)

    寸法を測るときに使う。

  • エンピツ(鉛筆)

    エンピツ(鉛筆)

    印を付けるときに使う。

  • キリ(錐)

    キリ(錐)

    穴を開けて板を止めるときに使う。

  • アブライレ(油入れ)

    アブライレ(油入れ)

    ツバノミの滑りを良くする時に使う

  • トイシ(砥石)

    トイシ(砥石)

    工具の手入れなどに使う。

  • ゴザ(茣蓙)

    ゴザ(茣蓙)

    竹ヒゴを作る時やたらい舟を置くときに敷いて使う

  • ケズリダイ(削り台)

    ケズリダイ(削り台)

    クレを削るときに使う。